読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

If It Were My Home



最近同僚たちがこぞってシェアしている国比較サイトをご紹介

 

 

シンガポールではなくアメリカに住んでいたら実際どうなの・・・?

 

という感じで、自分の国を他の国と比べてみることができます。

 

各項目ごとに各国の統計値を取って国民一人当たりに換算して比較しているようで、

  • 失業率
  • 格差
  • GDP
  • 原油消費量
  • 電力消費量
  • 犯罪率(殺人)
  • 収監率
  • 医療費
  • 平均寿命
  • 乳児死亡率
  • HIV陽性率
  • 出生率

などがあります(出生率については良し悪しの判断はされません)。

 

 

さて結果はこちら↓

Compare Singapore To The United States

 

赤い項目はネガティブな結果で、緑はポジティブです。ポジティブなのは原油消費量と格差の項目のみ。見事に真っ赤ですねー

 

なかなか面白いし的を得ている感があります。ついでに日本とシンガポールを比べてみました。

 

日本ではなくシンガポールに住んでいたら・・・?

Compare Japan To Singapore

 

GDP失業率、医療費の項目でポジティブな結果がでました。

 

失業率に関してはシンガポール人のみに当てはまるでしょうし、即日解雇が珍しくないシンガポールでは職の安定度に関してはあんまりポジティブでもないと思います。が、転職は比較的容易だと思われます。

シンガポールのほうが医療費が安いという結果はちょっと意外でした。ただ言われてみれば日本で働いていたころは健康保険から毎月天引きされる額がすごかったなぁという記憶があります。今は会社の福利厚生で通院時1回につき$5だけ払えば済む(薬代込み)プランに家族全員で入っていて、家族3人分の固定費は一年間で400ドル程度払っています。うーん、日本にいたころと比較すると破格の安さだ。


いろんな国と比較できるので次の引っ越し先候補でも探してみようかしら

If It Were My Home