読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

Westの隠れた名店 - The Tiny Roaster



2015/05/27 6月にお店が移転するそうで今の店舗は6/11からクローズします。移転先は今後アナウンスされる模様です。

The Tiny Roaster

------------

2015/10/22 現在Clementi Road沿いのHDBに移転しています。 

f:id:kyomonatsu:20151023004626j:plain

 目印はClementi Road沿いから見えるSunset Wayという看板です。

f:id:kyomonatsu:20151023004556j:plain

------------

 

 

 

シンガポールで美味しいコーヒー豆を扱うお店を探して長らくさまよってきた私。実は前々から「早く行かなければ」と思っていたお店がありまして、週末ついに行ってきました。


 
クレメンティ南にあるThe Tiny Roasterと言うお店です。
 
 
このClementi HDBの1Fにあるはず…ですがしばし敷地内を迷う。
f:id:kyomonatsu:20150509142834j:plain
 
Blk613かと思ったら612でした。Google迷探偵に惑わされた…
 
612ブロックの一角にひっそりとお店がありました。この看板が目印です。
f:id:kyomonatsu:20150509142929j:plain
 
 
お店でコーヒーを飲むこともできますが中はかなり狭く、メニューはほぼBrewed Coffeeしかありません。(心中狂喜乱舞)
f:id:kyomonatsu:20150509160727j:plain
 
 
豆は3種類。丁寧にハンドドリップしてくれます。
 
The West Street(ブレンド)とSidamoを試しに飲んでみました。Sidamoは初めて飲みましたが酸味があるのに後味スッキリ。香りも格別です。まさにスペシャリティという感じでとても気に入りました。
 
 
もちろん家で飲む用の豆も購入。残念ながらシダモはなかったのでグァテマラにしました。250g$21と値段は高めなものの、家で淹れても美味しかったです。この満足感は久々。
 
 
 
このお店…
 
 
ついに見つけたかも!
 
 
 
 
 
今まで行ってきたお店は実を言えば
 
「なかなかいいんだけど頻繁に通うほどではない」
 
という域を超えなかったのです。
 
頻繁に焙煎をする店でこまめに豆を買うということは家からの距離も大きな要因になるので、必ずしもお店のせいではないのですが。
 
 
 
 
しかしなんといってもここは、家でコーヒーを楽しむ層に的をしぼりBrewed Coffeeに重点を置いている大変貴重なお店です。家で焙煎をする人のために生豆も扱っています。焙煎豆の配達プラン(3ヶ月間)もあるようです。
 
 
こんなお店がWestにあるなんて!
 
 
 
ステキ!!
 
 
 
あとは、潰れないことを祈るばかり。(最重要事項)
家賃は安そうなのでどこかのカフェにでも豆を卸していれば持続可能な気はしますがなかなかビジネスが持続しないシンガポール。ちょっと心配…
 
 
 
まあとにかくシンガポール西部にお住まいのコーヒーギークの方には全力でお勧めします。
 
 
 
場所はクレメンティの南、日本人学校の北にあたります。駅から遠いので便利なバスルートを探して行くのが吉、我が家からもバスで行きました。AYE(高速)沿いに最寄りのバス停があり、97,188,196,197,198番などのバスが止まります。もしくはAYEにかかる歩道橋を挟んだ反対側のバス停になりますが、クレメンティ駅からだと189番バスが便利かと。201番バスでも南側のClementi Woods ParkやWest Coast Plaza側から歩いて行けるはずです。
 

 

 
ちなみにカフェのメニューに子供が飲めるものはありません。一応$1のスチームミルクがありますが…。というか、カフェではなくコーヒースタンドです。我が家はこの日に限って子供用の水筒を持って出るのを忘れたのでお店で水をもらいました。
 
 
それからお店に置いている焙煎豆はあまり多くなく、タイミングが悪いと売り切れもあるかもしれません。焙煎したらFBで告知しているようなので焙煎豆を買いたい時はタイミングをはかって行った方がよさげです。