読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

TVっ子が治るというミラクル



保育園から帰るとまずテレビをつけていた我が家の4歳児。平日は起こしてもなかなか起きないくせに土日になるとひとり早起きして勝手にテレビをつけDisney Juniorを観ている始末…
 
 

ところが、3ヶ月前からそれをしなくなりました。

 
 
 
そんなミラクルを起こしたのは、トランプです。
 
 
 
4歳半になる子供がそろそろできそうだと思いトランプを買っていくつかゲームを教えてみました。

すると、親も驚くほどどハマりしてしまった子供。毎日朝から晩までトランプ三昧です。初めに買ったトランプは一ヶ月ほどで擦り切れてしまい最近新しく買い直しました。

 

今のところのレパートリーはこちら

 
注 : 無限ループです
 
 
 
正直テレビをみせている方が親としては楽ですが、トランプで遊ぶのは幼児の頭になかなか良さそうです。実際神経衰弱のスキルは目覚ましい進化を遂げていて、初めた頃はかなり手加減してあげないと全く取れなかったのがいまでは本気でやっても親が負けるくらいです。多少面倒でもこれは仕方あるまい…と毎日付き合う両親であります。


ちなみに、できそうかなと感じたポイントは以下の通り。
 
  • ゲームのルールを理解でき、ルールに従って相手と競争できる
  • 20まで数えることができる
  • アルファベットが読める
  • ハートやダイヤなどの形が認識でき名前が言える
  • プレイグラウンドにある絵合わせで遊べる
  • 簡単な足し算ができる(オプション)
 
これは保育園の功績が大きいですね。というか保育園がほとんど教えてくれた。いつもながら先生がたには頭が上がりません。
 
 
 
我が家には夫が買ってきた小難しい「すうがくの絵本」なるものがありますが、その中にトランプの問題が出てくるのでその絵本を読むのも楽しくなったようです。
 
 両親の血を濃くひいて負けず嫌いの我が子。「魚を食べるとトランプ強くなるよ」とそそのかすと魚が好物だと言い始めました。してやったり(笑)

 
 
ついでにすごろくなんかも教えてみるかとサイコロも探してみたのですがシンガポールダイソーでは普通のサイコロを見かけませんでした。なんとか見つけたのがこれ。これはこれでいいですが。
 f:id:kyomonatsu:20150405012820j:plain
 

日本のダイソーではトランプとサイコロはセットになっていました。もしや、規制がある?それともサイコロ超人気?
 
きっとサイコロは子供のおもちゃ扱いではないのでしょう。今度同僚にドンジャラを見せて反応を楽しんでみよう。

ダンボールに適当なマップを描いて遊ばせてみたらやはりハマっていました。負けると泣きますがまあこれはしかたないですね…





実はトランプ効果はそろそろ落ち着いてきた感じで最近我が子はまたテレビを観はじめました。子供にもブームがあるんでしょうね。また新しい何かを覚えればしばらくテレビ離れできそうだと気持ちが楽になりました。