読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

プチTaizo フィーバー

今週初め、ソフトバンク孫正義さんの弟でガンホーのファウンダー孫泰蔵さんがシンガポールに移住し、今後5年間で東南アジアで1億ドル投資するというニュースが報じられました。

 

 日本の規制・教育がシンガポール移住の理由-ガンホー創業者の孫氏 - Bloomberg

 

1億ドルという額に周囲が大変色めき立っております(笑)

 

 

ニュースの概要

元ニュースはこちらです。

Billionaire Taizo Son Ditches Japan to Start Afresh in Singapore - Bloomberg

  • 3ヶ月後に永住権取得の見込み
  • 今後5年間で1億ドルを出資する予定
  • 日本の規制と教育に失望したらしい

 

 

Global Investors Program  

最近はシンガポールの永住権を取るのはとても大変なのですが、お金持ちならすぐに永住権が取れるんですねぇ

https://www.contactsingapore.sg/gip

 

これはGIPという投資家のための枠で、最低250万ドル出資するのが条件のところを孫さんは1億ドル出すと言っているのでみんなテンション上がってしまっているわけです。

 

 

 

しかしセントーサにお住まいとかほんと金持ちだなぁ

 

 

日本の規制と教育に失望

日本の規制や教育に失望したのも移住理由の一つと書いてあり、ニュースのタイトルにもなっています。

 

ロビー活動も積極的にしたがとにかく変化が遅い。イノベーションを阻害している。日本の教育は起業家を育てるのに全く向いていないなどと酷評されています。

 

教育に関しては同意です。というか明らかに日本の教育は落ちこぼれを無くす、平均をあげるという点に重点が置かれていてエリートを伸ばす点に関しては弱い。対するシンガポールはエリートを早期にピックアップしてあとの凡人は大学なんか行かないで若いうちから働けという真逆の方針です。

 

子供の小学校就学前から教育に必死なシンガポールのママ達を見ている私はどっちもどっちかなあと思います。立場によって意見が分かれそうです。

 

 

ところで3歳の息子さんの永住権は申請するんでしょうか。息子の永住権も取ると息子が兵役の義務を負うので日本人はためらう人がけっこう多いのですが、永住権取らないとローカルの名門校に入るのは難しいし、インターなのかな?と思ったら、なんと新しい学校を作りたいそうな😮

 

 

 

やんちゃ連れに◎な週末Cafe Melba

子供のプリスクールのお別れパーティがあり、Cafe Melbaというカフェへ行ってきました。

 

最寄り駅のサークルラインMountbatten駅から徒歩3分程度、Goodman Arts Center内にありました。

 

f:id:kyomonatsu:20170112204513j:image

広々テラス席

 

テラスの屋根が開閉式で、開くと解放感があります。

 

 

そして目玉は週末に出て来るバウンシーキャッスル。ここのはでかいですね〜

 f:id:kyomonatsu:20170112143338j:image

バウンシーキャッスル以外にも、庭が広くサッカーゴールやボールもあって、やや大きめな子供たちも楽しめます。これはいい!

 

 

今回頼んだスモークツナのサラダとポルチーニのラビオリ。

 f:id:kyomonatsu:20170112200725j:image

 このサラダはなかなかいいです。ラビオリはピリ辛なので子供には不向きかもしれません。

 

他に頼んだダックレッグのコンフィ$25もとても美味しかったです。

 

子供は自家製ピザのキッズセット。ドリンク、アイスクリーム付き$16。

f:id:kyomonatsu:20170112200700j:image

 

 我が家からは遠いのでイースト店にはなかなか行く機会はなさそうですが、近所にあったら使えそうです。

 

ただ、けっこう値が張ります…

 

 

 

One North店もあり

実はこのカフェ、昨年One Northへ移転したテレビ局、Media Corpにもあるんです。

f:id:kyomonatsu:20170405000430j:image

 

サッカーゴールはないですが、ここもMedia corpの広場で遊べそうな感じです。芝生は立ち入り禁止率高しですが…

f:id:kyomonatsu:20170112201303j:image

週末にはやはり大きなバウンシーキャッスルが出ていました。

f:id:kyomonatsu:20170405001302j:image

 

http://www.cafemelba.com.sg

 

 

 

ベビー用品の処分先

日本で生まれた一歳半の子供を連れてやってきたシンガポール

 

 

自分も夫も二人兄弟であることから「二人はほしいかな」と思っていたので第一子が生まれてから買ったベビー用品は全部シンガポールに持ってきました。

 

 

 

 

あれから5年。

 

 

 

子供も6歳になり私の心境も変わって来ており、今回思い切ってベビー用品をすべて処分することにしました。

 

 

シンガポールでは不用品の売り買い譲渡は

 

 

あたりがメジャーなようです。

 

 

 

 

 

Babes 

我が家のベビー用品はだいぶ使い込んでるものも多く、小銭を稼げそうな不用品はあまりなし。量もたくさんあってアイテムごとに引き取り手を探すのも面倒…

 

今回はまず寄付先を探すことにしました。

 

Singapore used donation などで検索し、Babesという福祉団体を見つけました。

A Helping Hand For Pregnant Teens

 

妊娠してしまったティーンズの支援団体だそうです。メールを送ってみると

「興味あり、月火水の午前中いつでも来て」

とのことだったので平日朝一で届けに行きました。

 

場所はチョンバル駅北のHDB1F。

 

ユニットにはBabeという名前ではなく福祉関連と思われる看板が出ていました。

f:id:kyomonatsu:20161214110017j:image

 

この日は担当の女性はおらず、別の部署担当と思われる男性が鍵を開けて案内してくれました。

 

大量に置いて来てしまったので一応追ってメールしておきました。

 

 

 

冬服はCarousellで出品

寄付の必要な人達に冬服はあまりいらないかなと、冬服はフリマアプリCarousellに出しました。

Snap to Sell, Chat to Buy for FREE on the Carousell marketplace!

 

Carousellなら海外旅行へ行く層も使うだろうし、引き取り手がありそう。

   

アプリをダウンロードしてアカウントを作成したところ、iPhoneでVerificationが出来ないという罠にはまりました。PCで無事出来ましたが。

 

パチパチ写真を撮ってせこせこ出品…

 

ついでに袴風ロンパーも出してみました。

 

 

 

結果、即売…!

 

こらあいいや

 

Carousellを多用している人は使い終わったらまた売りそうだし、大切に使ってくれそうな気もしますね。

 

ただ、やはりアイテムごとにやり取りするのは面倒でした。いつ取りに来る…とかメッセージのやりとりが。アイテムが少ない場合や時間に余裕がある場合はとても便利かと思います。

 

 

 

残り物はSalvation Army

私の服や後から出て来た子供服などは全てまとめてSalvation Armyへ寄付しました。

 

Salvation Armyは寄付された品をリサイクルショップで販売しています。

The Salvation Army, Singapore - Home: Singapore

 

 

いろいろな場所に寄付窓口がありますが、ジュロンイーストのIMMの駐車場にもありました。

 

少し分かりにくくうろうろしてしまいましたが、Burger King横の出口からまっすぐ外へ出たところにあります。

f:id:kyomonatsu:20161226204125j:image

 

外へ出ると駐車場の入り口ゲートがあり、警備員の小屋の横にDonation postがありました。

f:id:kyomonatsu:20161226204230j:image

 

がーん、あふれてる…

 

 

見ての通り、風雨にさらされる可能性があるためそれなりの袋などに入れて持っていくことをオススメします。

 

 

おまけ : 大物家具の処分

Salvation Armyなどでも家具の回収はやっていますが、HDBでは不用品回収の人が定期的に回って来るそうです。

 

うちのコンドミニアムでは年に数回、特に年末年始あたりにBulky Itemの回収をしています。

 

これは先日Boon KengのAudio Houseへ行った時に見つけた倉庫。引越し屋が回収していることもあります。

f:id:kyomonatsu:20161226235715j:image

 

 

 

 

 

ボタニックガーデンのクリスマス

週末久しぶりにBotanic Gardensへ行って来ました。

  

Botanic Gardendsでは現在クリスマスデコレーションをやっています。

 

す、スノーマンならぬブッシュマン??

f:id:kyomonatsu:20161212234856j:image

などなど、これでもかと蘭を使って独特なクリスマスになっております。

 

 

Trees of the Worldと称して設けられたトレイルにはデコレーションされたツリーたちが並んでいました。会社や団体などが参加している模様

f:id:kyomonatsu:20161213211054j:image

 

ツリーの装飾は空き缶などをリサイクルしたものが目立ちました。中でも印象に残ったのがタクシー会社ComfortDelGro のツリーたち。

f:id:kyomonatsu:20161213211250j:image

よく見ると編み込んである!

f:id:kyomonatsu:20161213211327j:image

 

バンドスタンドあたりには大きなキャンディケインが並んでいてフォトスポットになっていました。けっこう人気で順番待ちの人達がいました。

f:id:kyomonatsu:20161213211934j:image

 

トレイルは南門からビジターセンターまで続いています。夜になるとツリーなどの明かりがつくので夕方から行くといいかもしれません。

 

Trees of the World

 

 

オーキッドガーデン無料

シンガポール在住者は現在オーキッドガーデンが無料です。

National Orchid Garden School Holiday Promotion

 

我が家も今回はじめて入りました。

 

f:id:kyomonatsu:20161213215653j:image

 

f:id:kyomonatsu:20161213215713j:image

 

蘭…

f:id:kyomonatsu:20161213215815j:image

 

 

いろいろな種類の蘭があり、好きな方には楽しそうです。

 

Mist House。

f:id:kyomonatsu:20161213221037j:image

中は花がたくさん咲いていました。

f:id:kyomonatsu:20161213221212j:image

 

 

 

我が家が一番もりあがったのはCool Houseの中でした。

 

ウツボ

f:id:kyomonatsu:20161213220657j:image

 

ポケモンにハマり中の子供は

ウツボットそっくり!」

と喜んでいました。

 

虫を食べるとは知らなかった模様で、教えると少し怖がっていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

moanaを観てきました

ディズニーの新作映画moanaを観てきました。

www.disney.co.jp

 

邦題は「モアナと伝説の海」だそうで日本では3月公開とのこと。シンガポールではすでに公開されています。

 

 

普段映画の感想などは書かないのですがちょっと気になったので。

ネタばれをまったく見たくない方は以下は見ないほうがよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

なんか違う、日本語サイトのあらすじ

気になったというのは日本語サイトの「あらすじ」紹介。

例えばwikipediaのあらすじを見ると

 

モアナと伝説の海 - Wikipedia

 

プロット[編集]

生来の航海士である少女モアナが、父の反対を押し切って伝説の島を探索する航海に出る。モアナは半神マウイ、豚のプア、ニワトリのヘイヘイと共に旅することになる。モアナとマウイは旅の途中で、マウイの宿敵タマトアや海賊カカモラ、溶岩の魔女テカなどの強敵に立ち向かう。

 

まず、モアナは「生来の航海士」ではありません。そもそも生来の航海士ってありえなくね?生まれつきの航海士って何よ。


モアナは泳げはしますが帆船の扱いなどほとんど知りません。モアナの村には外洋を航海できるだけの技術もありません。ただ、公式サイトにあるようにモアナは海に選ばれた少女なのです。航海法なんてなくてもそれなりの船さえあれば外洋に出られるのです(無謀極まりなし)

www.disney.co.jp

 

 

それから「伝説の島を探索する」というのも真の目的ではありません。あとブタは旅についてきません

 

 

 

 

私がもしほかの人にあらすじを教えるとしたらこんな感じ。

 

モアナは海に浮かぶサンゴ礁の島で育った海が大好きな少女。ただ酋長の父親はなぜかモアナが海へ行くのを好まずなかなか海へ行かせてもらえません。村には外洋へ出てはいけないという掟もあるのです。

 

しかし彼女はどうしても海が大好きで、その想いは止められません。

 

モアナが酋長の座を継いだころ、サンゴ礁から魚がいなくなってしまう事件が起こりました。島に異変が起こりはじめたのです。祖母が言うにはこの異変は女神のハートが盗まれたという伝説を裏付けているというのです。

この異変を鎮めるために、伝説上で女神のハートを奪ったという半神のマウイを探し出しハートを元の場所に返すという、海から与えられた使命に従ってモアナは一人海へ出ることに。

 

文章を書くのが生業ではないので文の質に関する苦情はご容赦下さい。

 

 

感想

ザ・ディズニーのプリンセスという感じではなかったのがよかった。コミカルなシーンも多くてけっこう笑えました。

 

ツボだったセリフが「いまここで歌いだしたら吐くぞ」。ディズニー映画らしく歌がたくさん入っていますがミュージカルに自虐的な感じがちょいちょい入っていて、新鮮さがありました。

 

それからマウイという名前や溶岩のキャラクターが出てきたりして、溶岩のやつはキラウェアのペレがモデルなのかな?とかハワイやポリネシアの神話にちょっと興味がわきました。

 

 

ただストーリーはだいぶシンプルで大人には少し退屈。ズートピアのほうが面白かったなあと思います。逆にうちの子供はズートピアを観て途中で大泣きしたので、怖がりな子供にはモアナのほうが安心して観られるはずです。

 

今回実はタダで見られるという話で私だけ行ってきたのですが、子供を連れて改めて観に行くかと言われると・・・来年か再来年ディズニーチャンネルで観ればいいんじゃないかな。。

 

 

CGはファブリックと髪の毛がすごいきれい。踊るタトゥーもかわいくてよかったです。空も海もきれいでしたが引きカメラでたまに見える水平線がぱっきりしすぎていてちょっと違和感を感じました。まあ意識してみなければ気にならないのですが。

 

ディズニーもジョン・ラセターが見るようになってからだいぶ変わりましたね。初めにショートがあるのもピクサーから持ってきた文化だし。当のピクサーが最近続編ばかりなのが気になるのですが・・・

 

ポケモン@チャンギ

チャンギ空港へ行ってきました。

 

チャンギ空港は毎年ホリデーシーズンになるとキャラクターのキャンペーンをやります。

 

今まで見たのはアングリーバード、ミッキー、スターウォーズ

 

 

今年はやはり、ポケモンです。

 

 

ぬいぐるみゲットだぜプロモ

例年通り、チャンギ空港やモールで$60買い物をするとぬいぐるみを安く手に入れられる模様です。

 f:id:kyomonatsu:20161203230521j:image

 

 

数年前まではタダでもらえたのですが、去年あたりから$10程度払わなければならなくなりました。うれしさ9割減…

 

 

どのキャラクターが引き換え対象かは日にちによって代わります。

f:id:kyomonatsu:20161203223635j:image

 

この日は残念ながら知らないポケモンでした。Sun and Moonのモンスターなのかな?

 

引き換え場所は例年通り、ターミナル3の地下二階にあります。

 

 

 

デコレーション

ターミナル2のツリー。

f:id:kyomonatsu:20161203223509j:image

 

よく見るとモンスターボールやらピカチュウやらがたくさんついています。カビゴンも大活躍

 

ターミナル3には巨大なピカチュウが。

f:id:kyomonatsu:20161203224122j:image

 

でかピカチュウの横には小屋があって、中にはくるみ割り人形や木のおもちゃがあり趣きがだいぶ違いました。もしかしてポケモンは後付けなのでは…??と感じざるを得ない違和感

 

ちなみに夜7時頃ツリーが踊っていました。

 

 

 

ゲームコーナー

ターミナル2とターミナル3でゲームコーナーをま見かけました。(T1は行っていないのでわかりません)

f:id:kyomonatsu:20161203230906j:image 

 

ゲームは2種類、ポーズを真似るゲーム(写真奥)と顔を認識すると顔にピカチュウの耳などが現れるもの(写真手前)がありました。

 

 どちらもまずスマホでpokemonatchangi.comにアクセスしQRコードを画面に表示させます。QRコードを表示したままスマホを機械の穴に置くとゲームが始まる仕組みです。

 

ゲームが終わったらプレイ動画がサーバーにアップロードされ、QRコードの画面から見ることができます。

 

 

他にもSNSでシェアすると何かがもらえるキャンペーンやらピカチュウが出没するイベントがあるようです。 

Pokémon at Changi

 

シンガポールから行く世界三大仏教遺跡への旅 ボロブドゥール編2 ジョグジャカルタ

前回の続きです。

2日目:電車の旅!

2日目は朝一で特急電車に乗りジョグジャカルタへ向かう予定。チケットは買っていません。ホテルから駅まで送ってもらいました。
 
 
しかし、送ってもらえたのはソロのメインの駅ではなく、隣のPurwosariという駅でした。
 
ここからジョグジャ行きに乗れるの???とよくわからないまま下車

 
一応ジョグジャ行きはありましたがやはりソロのメインの駅よりは本数が少ないようで、 買えたのは少し遅めの便のチケットでした。
 
 
 
しばらく駅構内には入れないので、待合場所でひたすら待ちます。
 
 
 
 

f:id:kyomonatsu:20130809101327j:plain

 
 
 
待ち時間長い…
 
 
見渡す限り、外国人は我が家のみ。ローカル感溢れる場所でした。
 
 
 
たまにけたたましい音を立てて電車が来ます。子連れがのぞきに行くのは万国共通(私ももちろん覗きましたが・・・)

f:id:kyomonatsu:20130809102135j:plain

 
 
 
ようやく中へ入れました。

f:id:kyomonatsu:20130809110722j:plain

 
うん、ホーム低い気がしますが。

f:id:kyomonatsu:20130809110804j:plain

 
 
電車来た!!

f:id:kyomonatsu:20130809111916j:plain

 
 
やっぱりホーム低いよ!!登るの大変なので年配の方や子連れは助け合いで。

f:id:kyomonatsu:20130809111955j:plain

 
 
 
中に入ると大混雑でしばらく全然動けない・・・・
 
 
というか指定席買ったのに席まですら移動できない混雑っぷり。
 
 
少しずつ移動して何とか席までたどり着くと、ほかの人がしれっと座っていました。
 
 
 
「ここうちのですけど!」
 
 
 
とチケットを見せながら言ってどいてもらい、ようやく一息。
 
 
 
 
はー
 
 
座ってしまえば電車はなかなか快適でした。
 
 
 
のどかな景色を眺めながら数時間電車の旅です。
 
 
見渡す限り、ヤシの木と畑ですがなんといっても山があるのがいいですね。シンガポールにはない景色です。
 
 
 
 
のんびり数時間、お昼頃ジョグジャカルタに到着しました。
 
 
 
 
 
 

ドライバーが薦める「美味しいチキンのお店」

ジョグジャカルタ駅を出てすぐに3輪車のドライバーたちがたむろしていたのでお兄さん(?)ゲット

f:id:kyomonatsu:20130809133333j:plain

 
とりあえずランチを食べに街の中心部へ向かいました。
 
 
事前にインドネシア人の知人にジョグジャ名物とかを聞いてきたので、ローカルフードが食べたいなと思っていたのですが、
 
ドライバーが
 
「美味しいチキンのお店があるから連れてってやる」
 
と言い出し、連れていかれてついた先は
 
 
 
 
KFC
 
 
 
 
あるかー!!
 
 
 
断固拒否し、近くのローカルフード店へ連れて行ってもらいました。
 
あぶないあぶない。
 
 
 
なかなかおいしかったのですが、少し辛いのもあったので子供は少ししか食べられず・・・

f:id:kyomonatsu:20130809125818j:plain

 
 
昼食後タクシーを探してふらふらし、見つかったタクシーでブランバナンとボロブドゥールまでで交渉。値段は忘れましたが「ホリデーだから」とこれも結構高かったです。
 
 
というかタクシー見つけるの自体が結構大変だったし、もういい・・・
 
 
 
 

ブランバナン

ブランバナンはジョグジャカルタにある世界遺産で、ヒンドゥー教の寺院群です。
 
 
遺跡の入り口がローカル用と外国人用に分かれていました。
 
チケットの値段も全然違います。というか、レバランのためローカルの入場料タダな模様で大混雑・・・
 
 
 
ただ、外国人には専用のラウンジがあり、中は涼しくきれいなトイレがありお水ももらえます。ガイドも付きます。これはなかなかいい。
 
貸してもらった腰布を巻き付け、3,4人で1つのグループにまとめられて出発
 
 
 
 
あっつい中をしばらく歩いていくと見えてきました。
 

f:id:kyomonatsu:20130809165146j:plain

 
 
 
ヘルメットをかぶって寺院の上へも行けました。しかし子供のヘルメットは無いという。

f:id:kyomonatsu:20130809171236j:plain

 この方がガイドのおっちゃんです。
 
 
 
 
この辺りは写真がきれいに撮れるそうでガイドのおじさんが連れてきてくれました。

f:id:kyomonatsu:20130809152729j:plain

 
 
 見ての通り、周りにはたくさんがれきがありました。この辺りは地震があるので大地震で崩れてしまったようです。
 
 
 
 

3歳児の楽しみ方

当時3歳だった子供は遺跡の中では土いじりに夢中でした。きったなそうだけど、まあいいかと思い好きにさせました

f:id:kyomonatsu:20130809175021j:plain

 
 
 
遺跡を見終わりガイドさんとさよならして、入り口へ向かって歩いていると、子供たちが一緒に写真を撮っている人気者が。

f:id:kyomonatsu:20130809154347j:plain

 
 
 プー…
 
 
なんか、違う
 
 
 
 
これ実は、口から紙幣(チップ)を飲み込んでいるんです。こんな黒いプー見たことない。
 
 そんな邪悪なプーに後ろから熱い視線を送るわが子・・・
 
 
 
 
 
他にも、馬に乗れる場所やカーニバルっぽい乗り物など子供が楽しめそうな場所がありました。レバランだったせいかもしれません。
 
 
 
 

一路ボロブドゥールへ

ブランバナン観光が終わり、タクシーでボロブドゥールへ向かうことに。ジョグジャカルタからは車で1時間ほどかかります。
 
 
タクシーは途中ヤシの木の生い茂る畑ゾーンをガンガン突き進み、最終的に幹線道路へでました。幹線道路は渋滞していたので抜け道だったのかな?
 
 
渋滞していたこともあり、結構遠かったです。

 

 

このホテルは遺跡まで歩いていける距離にあるというSaraswati Borobudurというホテルでした。ここはホテルのウェブサイトで予約しました。

 

Saraswati Borobudur

 

この日もホテルで夕食。

 

 

f:id:kyomonatsu:20130809191025j:plain

 

 

 

3日目につづく・・・

 

 

 

旅行記って…書くの大変。バガン編までたどりつけるのだろうか