読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

moanaを観てきました



ディズニーの新作映画moanaを観てきました。

www.disney.co.jp

 

邦題は「モアナと伝説の海」だそうで日本では3月公開とのこと。シンガポールではすでに公開されています。

 

 

普段映画の感想などは書かないのですがちょっと気になったので。

ネタばれをまったく見たくない方は以下は見ないほうがよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

なんか違う、日本語サイトのあらすじ

気になったというのは日本語サイトの「あらすじ」紹介。

例えばwikipediaのあらすじを見ると

 

モアナと伝説の海 - Wikipedia

 

プロット[編集]

生来の航海士である少女モアナが、父の反対を押し切って伝説の島を探索する航海に出る。モアナは半神マウイ、豚のプア、ニワトリのヘイヘイと共に旅することになる。モアナとマウイは旅の途中で、マウイの宿敵タマトアや海賊カカモラ、溶岩の魔女テカなどの強敵に立ち向かう。

 

まず、モアナは「生来の航海士」ではありません。そもそも生来の航海士ってありえなくね?生まれつきの航海士って何よ。


モアナは泳げはしますが帆船の扱いなどほとんど知りません。モアナの村には外洋を航海できるだけの技術もありません。ただ、公式サイトにあるようにモアナは海に選ばれた少女なのです。航海法なんてなくてもそれなりの船さえあれば外洋に出られるのです(無謀極まりなし)

www.disney.co.jp

 

 

それから「伝説の島を探索する」というのも真の目的ではありません。あとブタは旅についてきません

 

 

 

 

私がもしほかの人にあらすじを教えるとしたらこんな感じ。

 

モアナは海に浮かぶサンゴ礁の島で育った海が大好きな少女。ただ酋長の父親はなぜかモアナが海へ行くのを好まずなかなか海へ行かせてもらえません。村には外洋へ出てはいけないという掟もあるのです。

 

しかし彼女はどうしても海が大好きで、その想いは止められません。

 

モアナが酋長の座を継いだころ、サンゴ礁から魚がいなくなってしまう事件が起こりました。島に異変が起こりはじめたのです。祖母が言うにはこの異変は女神のハートが盗まれたという伝説を裏付けているというのです。

この異変を鎮めるために、伝説上で女神のハートを奪ったという半神のマウイを探し出しハートを元の場所に返すという、海から与えられた使命に従ってモアナは一人海へ出ることに。

 

文章を書くのが生業ではないので文の質に関する苦情はご容赦下さい。

 

 

感想

ザ・ディズニーのプリンセスという感じではなかったのがよかった。コミカルなシーンも多くてけっこう笑えました。

 

ツボだったセリフが「いまここで歌いだしたら吐くぞ」。ディズニー映画らしく歌がたくさん入っていますがミュージカルに自虐的な感じがちょいちょい入っていて、新鮮さがありました。

 

それからマウイという名前や溶岩のキャラクターが出てきたりして、溶岩のやつはキラウェアのペレがモデルなのかな?とかハワイやポリネシアの神話にちょっと興味がわきました。

 

 

ただストーリーはだいぶシンプルで大人には少し退屈。ズートピアのほうが面白かったなあと思います。逆にうちの子供はズートピアを観て途中で大泣きしたので、怖がりな子供にはモアナのほうが安心して観られるはずです。

 

今回実はタダで見られるという話で私だけ行ってきたのですが、子供を連れて改めて観に行くかと言われると・・・来年か再来年ディズニーチャンネルで観ればいいんじゃないかな。。

 

 

CGはファブリックと髪の毛がすごいきれい。踊るタトゥーもかわいくてよかったです。空も海もきれいでしたが引きカメラでたまに見える水平線がぱっきりしすぎていてちょっと違和感を感じました。まあ意識してみなければ気にならないのですが。

 

ディズニーもジョン・ラセターが見るようになってからだいぶ変わりましたね。初めにショートがあるのもピクサーから持ってきた文化だし。当のピクサーが最近続編ばかりなのが気になるのですが・・・