読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

MacRitchieの吊橋



Labour dayの連休、同僚とMacRitchie Reservoir(マクリッチ貯水池)へ行って来ました。目的はTreeTop Walkと呼ばれる、熱帯雨林にかかる吊橋です。

 
 

Venus DriveからTree Top Walk トレイルへ

Tree TopWalkへ行くルートは幾つかあります。貯水池の公園(MacRitchie Reservoir Park)付近から歩いて行くと2時間くらいかかってしまうようなので、手っ取り早くTree Top Walkへ出られるルートからスタートすることにしました。
 
MaryMount駅に集合してバスでハイキングコース入り口へ向かいます。駅を出て西のUpper Tomson Roadを渡り、最寄りのバス停からバス停3つ分乗ります。ESSOの手前のバス停で下車、少し歩いてVenus Driveの駐車場へ。ひとつ先のバス停でも良さげです。

駐車場の入り口に看板がありました。
f:id:kyomonatsu:20150502155830j:plain
 
駐車場の奥からトレイルが始まります。ここからは基本的にTree Top Walkの看板に従って進みます。しばらく平らで道は舗装されていません。雨の直後に行ったのでところどころぬかるんでいたり水たまりができていました。
f:id:kyomonatsu:20150502184110j:plain
 
入り口からわりとすぐのところに倒木が!根こそぎ倒れています。
f:id:kyomonatsu:20150502183908j:plain
びっくりするくらい根が浅いですね。土の層が薄くすぐ粘土の層に当たってしまうのか、根が地中深くまで刺さっていません。これでは支えられないなあ。他の場所にも同じような倒木がありました。熱帯雨林では微生物による腐葉土の分解速度が速すぎるのに加えて雨で流されてしまうため土の層が薄いんだとか。よく見かける板根も土の層が薄いせいで起こるんですね。
 
 
少し登り下りがあり、しばらくすると右手下方に併走する舗装道路が見えて来ます。これはゴルフ場に向う道です。トレイルもこの道路から枝分かれした舗装道路に一旦出て、そこから上り坂を上がっていくと途中脇道が出現します。Terentang Trailというハイキングコースの入口です。
f:id:kyomonatsu:20150502190556j:plain
少しだけまわり道になりますが舗装道路より森の中を歩きたい方はこちらへ。というかみんな入っていましたがこの日はバーが下がっていたのでひょっとすると閉鎖されていたのかも…?
 
我々は舗装道路をそのまま進みました。舗装道路は上まで続いていて、行き止まりには金網で制限された貯水関連の巨大な施設があります。
 
というわけで、タクシーを使えばかなりショートカットできますね。車で行ける限界点にピンを打っておきました。ただし駐車禁止なので送迎車かタクシー限定となります。
 
貯水施設の脇を通って再び森の中へ。結局そこから下って先程の脇道と合流したので、結果登り損でした。だったらトレイルに入っとけばよかった…
 
 
 

レンジャーハウスからTree Top Walk

合流点から少し進むとレンジャーハウスに出ます。トイレなどがありみんな休憩しています。我々もここで水を一口。カメラもリュックから出してスタンバイ
 
レンジャーハウスからTree Top Walkまではすぐです。すぐですが、のぼります。特にラスト100mの舗装道の上りはキツかった。
f:id:kyomonatsu:20150502191402j:plain
 
木道を少し降りると急に橋が視界に入ります。橋は人数制限があって、少し待ちました。
 
 
早速今回のハイライト!

f:id:kyomonatsu:20150503192251j:plain

 
さすがの眺め。隣の貯水池まで見渡せます。
f:id:kyomonatsu:20150503172728j:plain
その名の通り、木を見下ろすことができます。

f:id:kyomonatsu:20150503192417j:plain

 

橋の前半には猿がたくさんいました。食べ物を狙っています。同僚が背後からリュックの中のスナックを取られました。間抜けな人間と思っただろうな…

f:id:kyomonatsu:20150503192123j:plain

Tree Top Walkは一方通行です。一度入ったら引き返すことはできません。さあここから頑張りましょう
 
 

ひと山越えてJelutong Towerへ

橋を抜けるとすぐに長い上り階段が待っています。引き返すなとしつこく書いてあるのはこのせいか…!
f:id:kyomonatsu:20150502232022j:plain
 
がんばって上り切ると、次は更にながーい下り階段。延々下ります。せっかく登ったばっかりなのに…
f:id:kyomonatsu:20150503172809j:plain
 
階段を降り切ると分岐がありました。次に目指したのはJelutong Towerです。案内板に従って直進。また木道で歩きやすい。この木道付近はやたら細い木ばかりだなと感じました。橋の建築の際にでも伐採したのでしょうか。ちなみにこの辺にドリアンの木があるようです。
f:id:kyomonatsu:20150502232411j:plain
 
突き当たりを右折して未舗装の道を進む。来た道に戻りたい場合は左折です。
f:id:kyomonatsu:20150503172856j:plain
ほどなくタワー到着。
f:id:kyomonatsu:20150502232531j:plain
このタワーはTree Top Walkほどの高さはないですが上から辺りを見渡すことができます。橋と違って上でしばらくのんびりできます。ここで給水。

f:id:kyomonatsu:20150503193009j:plain

 あー疲れた
 
 

Golf Link

タワーの上で現在地と地図を確認し、ここから貯水池の南側を歩いてMacRitchie Reservoir Parkまで抜けることにしました。Golf Linkと書いてある方へ進みます。別方向へ抜ける道があって少し迷いやすいのでご注意下さい。必ず案内板があります。
 
しばらくは木道があります。木陰になっていて歩きやすいです。
f:id:kyomonatsu:20150503173235j:plain
 
 
名前の通りこの道はゴルフ場のへりを通っています。マクリッチはゴルフ場に囲まれているんですね。

f:id:kyomonatsu:20150503193208j:plain

 
ようやく貯水池のほとりに出ました。この辺は雨で道がかなり悪くなっていました。

f:id:kyomonatsu:20150503193325j:plain

 
ここからは水際を進みます。開けた道。晴れていたらけっこう大変そうです。
f:id:kyomonatsu:20150503173410j:plain
  

Golf Linkでは右手にラグジュアリーなゴルフ場、左手には貯水池と対岸にジャングルというちょっと対比的な風景を見ることができます。

f:id:kyomonatsu:20150503193813j:plain

道の右側は噴水があるゴルフ場、きれいに整備されています。左側は藻が浮いている貯水池。だいぶ雰囲気が違います。我々は直進して再びジャングルの中へ・・・

 

 

貯水池の遊歩道から公園まで

Golf Linkをずっと進むと水辺で分岐に出ました。

f:id:kyomonatsu:20150503194327j:plain

MacRichie Reservoir Parkへ行くルートは水際の木道、森の中を進むトレイルがあり、我々は木道を進むことにしました。
 
ちなみにGolf Linkの終わりまで行くと公道にでるそうです。疲れた場合はここで外へ出てバスに乗るかタクシーを捕まえるのがよいかと。
 
 
やはり水際は気分がいいですね。水もかなり澄んでいました。それとだいぶ涼しい。Tree Top Walk周辺は起伏があるせいか暑く感じましたが、この水際は道も平らで快適です。

f:id:kyomonatsu:20150503194436j:plain

 魚もたくさん見えました。

f:id:kyomonatsu:20150503200915j:plain

 カメ。このお方は外来種、インベイダーだそうな

f:id:kyomonatsu:20150503200952j:plain

木道には植物の説明プレートなんかも置いてあって楽しめました。

 

長いトレイルを経て無事公園に到着。
f:id:kyomonatsu:20150503173449j:plain
 
水辺にかかった橋で猿がたわむれていました。ほほえましい。ボスらしきオスザルには首輪が付けられていました。

f:id:kyomonatsu:20150503200309j:plain

 
 

まとめ

パンフレットはこちら。難易度が中〜高となっています。
 
我々が通ったルートを紺色でマークしました。Venus Entranceから入りTree Top WalkからJeluntong Tower, Golf Linkと水際の遊歩道を通って公園へ抜けました。
 

f:id:kyomonatsu:20150504004124p:plain

9時過ぎにMarryMount駅を出て、MacRitchie Reservoir Parkのロータリー付近へ着いたのが1時前でしょうか。タワーから公園までは道が平らだったので休みなしで歩きましたがだいぶ長かったです。
 
 
 注意事項など
  • Tree Top Walkは一方通行なのでちょろっと見て戻ることはできません。行くなら最短でも2時間コースになります。ご注意を。

  • 幼稚園児には無理そうですが小学校中学年くらいならいけそうですね。そのくらいの頃高尾山登った記憶があるので。子供が小さい場合はTreeTop Walkにしぼるとかタクシーを使うとか工夫できそうです。

  • 全ての道が舗装されているわけではないので雨が降ると道が悪くなります。防水のトレッキングシューズがお勧めです。それから雷が来ているときはTree Top Walkは閉鎖されると思います。ご注意を。

  • 今回は雨の直後でずっと曇りだったので快適でしたが晴れの日はかなり体力消耗しそうです。特にGolf Link辺りは日差しを遮るものがありません。日焼け止めや水も忘れずに!虫除けも念のためしていった方がいいかもしれません。
 
 
 
 

おまけ : プラナカン風Mee Siam

ハイキング終了後、同僚がお気に入りのMee Siamのお店へ連れて行ってくれました。
 
Upper Tomson RoadのDINOと言うお店です。すぐそばでUpper Tomson MRT駅の工事をしています。
f:id:kyomonatsu:20150503174125j:plain
 
レギュラー$3.8。ライムとサンバル(辛味噌)らしきものが入っているのでライムをしぼりかき混ぜて食べます。うんライムがきいていてピリ辛で美味しい!
f:id:kyomonatsu:20150503173600j:plain
 
 
ここのMee Siamはプラナカン風だそうでふつうのMee Siamとは少し違うそうです。とはいえ私はふつうのMee Siam食べたことないや…比べられませんが美味しかったです。
 
一つ文句があるとすれば、汗を流した後だというのにビールが置いていない。ケーキやお菓子も扱っている明るいカフェです。チキンカレーもおいしそうでお勧めですがハイキングとは切り離した方がいいかも。
f:id:kyomonatsu:20150503174615j:plain