読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

多国籍Potluck



 

週末同僚がうちに集まりPotluck をしました。料理持ち寄りのパーティーです。

 
持ち寄りパーティーと言ってもみんな出身国が違うので、何が食べられるのかけっこう楽しみにしていました。お客さんなんてまったく来ない我が家。この日のためにせっせと掃除してなんとかパーティ開始
 
 
f:id:kyomonatsu:20141019155148j:plain
 
シンガポーリアンの同僚はママの手料理を持参。お店ではあまり見ない家庭料理だとか。
 
モーリシャス人の同僚はスープを作ってきてくれました。「アフリカンスープ」は美味しかったのですがかなりスパイシーでどんなスパイス入れているんだろう?と不思議に思う味でした。HOTではなくSPICY。ケイジャン的な辛さでした。
 
我が家は悩みつつ肉じゃがと出し巻き卵を提供しました。なかなか好評。買ってきて出しただけの枝豆とたこわさびもかなり好評でした。枝豆はFair Priceで売っている冷凍の安いものですが、けっこういけます。食べたしたら止まらない模様(笑)
f:id:kyomonatsu:20141020001202j:plain
 
もうひとり、奥さんが中国に帰省中の同僚が作ったフルーツサラダは、うちの子供がベリーだけ全て食べてしまいました…。奥さんの手料理食べたかったな。
 
 
遅れて到着した四川省出身の同僚が持ってきたのは奥さんの手料理ベスト1&2。これが超うまかった!食卓もにぎやかに。
f:id:kyomonatsu:20141019220926j:plain
 
 
 
もうおなかいっぱい。食べきれません
 
 
 
デザート係はマンゴーサゴを買ってきてくれました。マンゴープリンの液にマンゴーとタピオカが入っているようなデザート(我ながら説明粗い)
f:id:kyomonatsu:20141019201129j:plain
後で袋を見て気づいたのですがブギスの有名店AH CHEW DESSERTSのでした!わざわざブギスまで買いに行ってくれた模様。ありがたや〜
 
うちの相方がドリアン好きだと聞いてひとつだけドリアン味を持ってきてくれたのですが、誤って別の人に渡ってしまいました。残念(笑)
 
写真は一年半ほど前にお店で食べたマンゴーサゴ

f:id:kyomonatsu:20141020030229j:plain

 
 
 
 
 
翌日は残り物で一杯
 
 
f:id:kyomonatsu:20141019211331j:plain
 

左:Hakka Yam Abacus Seeds 客家算盘子

シンガポーリアンのママお手製の家庭料理。里芋とタピオカで作った団子が入っていてハッカーニョッキやヤムニョッキとも言われているそうです。ニョッキの形をソロバンの玉(abacus seeds)にみたてている模様。
 
今回初めて知ったのですがHakkaというのは中国の方言の一つで、その言葉を話す人々もさす言葉だそうです。もともとはお客さんという意味なんだとか。あとでじっくり読んでみよう
 
 

中央:土豆烧鸡(新疆大盘鸡:Xin Jiang Big Plate Chicken (Da Pan Ji) 

中国四川省出身の同僚の奥さんの手料理。手羽やじゃがいも、玉ねぎ、ピーマンを八角、ニンニク、生姜、唐辛子と何かの醬などで煮込んだ料理。辛くて美味しかった。ご飯にすごく合います。

新疆省の名前が入っているのは、どうやら四川からの移民が新疆で昔からあるポテトの煮込み料理を四川風にしたのが始まりだからだそうな。確かに四川風肉じゃがってかんじ。

Dapanji - Wikipedia, the free encyclopedia

 

右:粉蒸肉

こちらも四川出身の同僚の奥さんの手料理。ポークリブとさつまいもに米粉などをふりかけて蒸したものだそうです。さつまいもが辛さをマイルドにするのか、そんなに辛くありません。パクチーをふりかけて食べます。絶妙な組み合わせ。超うまい!
 
ちなみに同僚によると、粉蒸肉のときはお粥の方が合うそうです。
 
 
 
やはり多国籍Potluckはかなりの面白さでした。機会があったらまたやりたいです。そして四川料理はやはりうまい。