読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

ホッカーセンターの謎



シンガポールにはホーカーとかホッカーセンターと呼ばれるいわゆるフードコートがたくさんあります。場所に寄りますが、3〜5ドルくらいで食べられます。ビルの中のフードコートだと6ドル程度はしますが、レストランだと20ドル弱はするのでだいぶ安いです。

 
 
このホッカー、なぜ沢山あるのかというと、
 
シンガポールでは女性も働き手として重要だと考えられているため、女性が働きやすいようにホッカーが沢山作られた。
 
 
という話が日本人の間で有名です。
 
 
確かにシンガポールは外食文化で、子連れで外食が大変し易い国です。ラーメン屋ですらベビーチェアは必ずあるし、日本で感じるような「子連れで外食なんかしやがって。家で食え」という空気がありません。
 
仕事が忙しくて平日外食することもありますが、レストランで同じクラスの子に会うこともしばしば…
 
 
 
しかし、同僚のシンガポーリアンに、
 
「なんでシンガポールにはホッカーが沢山あるのか知ってる?」
 
と聞くと、だいたいみんな
 
「え、知らない…。あ、わかった。きっと安いからじゃないかな?」
 
という反応をします。そこで女性が云々という話をすると、
 
「へー!知らなかった!確かにね〜。よく知ってるね!」
 
という…
 
ちなみに同僚の母はハウスワイフだそうな。
 
 
この話、眉唾なのだろうか…。それとも国の心民知らずなだけなのだろうか…