読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

ガス切れ



一昨日の夜からキッチンのガスが切れております。

f:id:kyomonatsu:20131117103906j:plain
システムキッチンの棚をあけるとボンベが。

シンガポールではほとんどの家庭がLPガス、いわゆるプロパンだと思います。都市ガスもあるようですが、うちみたいな郊外の古い建物へ普及するのはまだまだまだ先のことでしょう。

実際のところあまり不便を感じません。電話をすれば30分もせずに来て交換してくれます。しかも一回頼むと電話番号が住所に紐付け登録される仕組みになっていて、電話をかけるだけで業者は住所がわかります。なので基本的にうんうん言ってれば来てくれます(笑)

問題は料理中に切れることなんですが、ローカルの人に聞くと、家に2つ置いておき、なくなったらすぐ交換できるようにしておくそうです。


そしてなによりこのガス代、安くてびっくりします。ボンベ交換時に払う値段は34SGD、我が家では5ヶ月ほどもちます。一年間で100ドルかかりません。シャワーが電気なせいもありますが、安い。やはり資源国が近いせいなのでしょうか。


ところで電話をすればすぐ来るのになぜ一昨日から切れっぱしなのかというと…
家が散らかっていて人をあげられないからです(汗)