読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、夏です。

常夏シンガポールで送る日々の記録

ポケモン@チャンギ

チャンギ空港へ行ってきました。

 

チャンギ空港は毎年ホリデーシーズンになるとキャラクターのキャンペーンをやります。

 

今まで見たのはアングリーバード、ミッキー、スターウォーズ

 

 

今年はやはり、ポケモンです。

 

 

ぬいぐるみゲットだぜプロモ

例年通り、チャンギ空港やモールで$60買い物をするとぬいぐるみを安く手に入れられる模様です。

 f:id:kyomonatsu:20161203230521j:image

 

 

数年前まではタダでもらえたのですが、去年あたりから$10程度払わなければならなくなりました。うれしさ9割減…

 

 

どのキャラクターが引き換え対象かは日にちによって代わります。

f:id:kyomonatsu:20161203223635j:image

 

この日は残念ながら知らないポケモンでした。Sun and Moonのモンスターなのかな?

 

引き換え場所は例年通り、ターミナル3の地下二階にあります。

 

 

 

デコレーション

ターミナル2のツリー。

f:id:kyomonatsu:20161203223509j:image

 

よく見るとモンスターボールやらピカチュウやらがたくさんついています。カビゴンも大活躍

 

ターミナル3には巨大なピカチュウが。

f:id:kyomonatsu:20161203224122j:image

 

でかピカチュウの横には小屋があって、中にはくるみ割り人形や木のおもちゃがあり趣きがだいぶ違いました。もしかしてポケモンは後付けなのでは…??と感じざるを得ない違和感

 

ちなみに夜7時頃ツリーが踊っていました。

 

 

 

ゲームコーナー

ターミナル2とターミナル3でゲームコーナーをま見かけました。(T1は行っていないのでわかりません)

f:id:kyomonatsu:20161203230906j:image 

 

ゲームは2種類、ポーズを真似るゲーム(写真奥)と顔を認識すると顔にピカチュウの耳などが現れるもの(写真手前)がありました。

 

 どちらもまずスマホでpokemonatchangi.comにアクセスしQRコードを画面に表示させます。QRコードを表示したままスマホを機械の穴に置くとゲームが始まる仕組みです。

 

ゲームが終わったらプレイ動画がサーバーにアップロードされ、QRコードの画面から見ることができます。

 

 

他にもSNSでシェアすると何かがもらえるキャンペーンやらピカチュウが出没するイベントがあるようです。 

Pokémon at Changi

 

シンガポールから行く世界三大仏教遺跡への旅 ボロブドゥール編2 ジョグジャカルタ

前回の続きです。

2日目:電車の旅!

2日目は朝一で特急電車に乗りジョグジャカルタへ向かう予定。チケットは買っていません。ホテルから駅まで送ってもらいました。
 
 
しかし、送ってもらえたのはソロのメインの駅ではなく、隣のPurwosariという駅でした。
 
ここからジョグジャ行きに乗れるの???とよくわからないまま下車

 
一応ジョグジャ行きはありましたがやはりソロのメインの駅よりは本数が少ないようで、 買えたのは少し遅めの便のチケットでした。
 
 
 
しばらく駅構内には入れないので、待合場所でひたすら待ちます。
 
 
 
 

f:id:kyomonatsu:20130809101327j:plain

 
 
 
待ち時間長い…
 
 
見渡す限り、外国人は我が家のみ。ローカル感溢れる場所でした。
 
 
 
たまにけたたましい音を立てて電車が来ます。子連れがのぞきに行くのは万国共通(私ももちろん覗きましたが・・・)

f:id:kyomonatsu:20130809102135j:plain

 
 
 
ようやく中へ入れました。

f:id:kyomonatsu:20130809110722j:plain

 
うん、ホーム低い気がしますが。

f:id:kyomonatsu:20130809110804j:plain

 
 
電車来た!!

f:id:kyomonatsu:20130809111916j:plain

 
 
やっぱりホーム低いよ!!登るの大変なので年配の方や子連れは助け合いで。

f:id:kyomonatsu:20130809111955j:plain

 
 
 
中に入ると大混雑でしばらく全然動けない・・・・
 
 
というか指定席買ったのに席まですら移動できない混雑っぷり。
 
 
少しずつ移動して何とか席までたどり着くと、ほかの人がしれっと座っていました。
 
 
 
「ここうちのですけど!」
 
 
 
とチケットを見せながら言ってどいてもらい、ようやく一息。
 
 
 
 
はー
 
 
座ってしまえば電車はなかなか快適でした。
 
 
 
のどかな景色を眺めながら数時間電車の旅です。
 
 
見渡す限り、ヤシの木と畑ですがなんといっても山があるのがいいですね。シンガポールにはない景色です。
 
 
 
 
のんびり数時間、お昼頃ジョグジャカルタに到着しました。
 
 
 
 
 
 

ドライバーが薦める「美味しいチキンのお店」

ジョグジャカルタ駅を出てすぐに3輪車のドライバーたちがたむろしていたのでお兄さん(?)ゲット

f:id:kyomonatsu:20130809133333j:plain

 
とりあえずランチを食べに街の中心部へ向かいました。
 
 
事前にインドネシア人の知人にジョグジャ名物とかを聞いてきたので、ローカルフードが食べたいなと思っていたのですが、
 
ドライバーが
 
「美味しいチキンのお店があるから連れてってやる」
 
と言い出し、連れていかれてついた先は
 
 
 
 
KFC
 
 
 
 
あるかー!!
 
 
 
断固拒否し、近くのローカルフード店へ連れて行ってもらいました。
 
あぶないあぶない。
 
 
 
なかなかおいしかったのですが、少し辛いのもあったので子供は少ししか食べられず・・・

f:id:kyomonatsu:20130809125818j:plain

 
 
昼食後タクシーを探してふらふらし、見つかったタクシーでブランバナンとボロブドゥールまでで交渉。値段は忘れましたが「ホリデーだから」とこれも結構高かったです。
 
 
というかタクシー見つけるの自体が結構大変だったし、もういい・・・
 
 
 
 

ブランバナン

ブランバナンはジョグジャカルタにある世界遺産で、ヒンドゥー教の寺院群です。
 
 
遺跡の入り口がローカル用と外国人用に分かれていました。
 
チケットの値段も全然違います。というか、レバランのためローカルの入場料タダな模様で大混雑・・・
 
 
 
ただ、外国人には専用のラウンジがあり、中は涼しくきれいなトイレがありお水ももらえます。ガイドも付きます。これはなかなかいい。
 
貸してもらった腰布を巻き付け、3,4人で1つのグループにまとめられて出発
 
 
 
 
あっつい中をしばらく歩いていくと見えてきました。
 

f:id:kyomonatsu:20130809165146j:plain

 
 
 
ヘルメットをかぶって寺院の上へも行けました。しかし子供のヘルメットは無いという。

f:id:kyomonatsu:20130809171236j:plain

 この方がガイドのおっちゃんです。
 
 
 
 
この辺りは写真がきれいに撮れるそうでガイドのおじさんが連れてきてくれました。

f:id:kyomonatsu:20130809152729j:plain

 
 
 見ての通り、周りにはたくさんがれきがありました。この辺りは地震があるので大地震で崩れてしまったようです。
 
 
 
 

3歳児の楽しみ方

当時3歳だった子供は遺跡の中では土いじりに夢中でした。きったなそうだけど、まあいいかと思い好きにさせました

f:id:kyomonatsu:20130809175021j:plain

 
 
 
遺跡を見終わりガイドさんとさよならして、入り口へ向かって歩いていると、子供たちが一緒に写真を撮っている人気者が。

f:id:kyomonatsu:20130809154347j:plain

 
 
 プー…
 
 
なんか、違う
 
 
 
 
これ実は、口から紙幣(チップ)を飲み込んでいるんです。こんな黒いプー見たことない。
 
 そんな邪悪なプーに後ろから熱い視線を送るわが子・・・
 
 
 
 
 
他にも、馬に乗れる場所やカーニバルっぽい乗り物など子供が楽しめそうな場所がありました。レバランだったせいかもしれません。
 
 
 
 

一路ボロブドゥールへ

ブランバナン観光が終わり、タクシーでボロブドゥールへ向かうことに。ジョグジャカルタからは車で1時間ほどかかります。
 
 
タクシーは途中ヤシの木の生い茂る畑ゾーンをガンガン突き進み、最終的に幹線道路へでました。幹線道路は渋滞していたので抜け道だったのかな?
 
 
渋滞していたこともあり、結構遠かったです。

 

 

このホテルは遺跡まで歩いていける距離にあるというSaraswati Borobudurというホテルでした。ここはホテルのウェブサイトで予約しました。

 

Saraswati Borobudur

 

この日もホテルで夕食。

 

 

f:id:kyomonatsu:20130809191025j:plain

 

 

 

3日目につづく・・・

 

 

 

旅行記って…書くの大変。バガン編までたどりつけるのだろうか

 

 

 

生き苦しい女子は海外に出るのが吉

ふと読んだ、最近海外での活躍がめざましい桃井かおりのインタビュー

www.fashionsnap.com

 

 

半分SK-2の広告ですが自分にも覚えのあるところがあって面白かった。

 

 

特にここ。

実はLAに拠点を移したのは欲をかいていたのではなくて、日本って歳を重ねた女性があまりいい目に遭わないでしょう。女優という職業はその最たるものだから、ある程度定年を自分で決めないといけないと思っていました。そんなことを考えていた時に海外から仕事のオファーがあって、その勢いにのって住み始めたんですよね。本音を言えば、「上手くフェイドアウトするぞ」と思っていたくらい。

 

これには正直驚きました。

 

桃井かおりって男をうまく転がすしたたかな女性というよりは男勝りにバリバリやっていく印象があったので、ずっとバリバリやっていくんだと思っていました。退き際なんて考えていたとは。

 

いや、だからこそ考えたのかもしれませんね。

 

 

 

私には日本で働いていた頃にあったことで、今でも覚えている出来事があります。

 

 

当時私のいた部署は研究開発部署で毎年アメリカで行なわれる学会へ数名出張していました。

 

その学会では論文発表の他に講義形式のセッションがあり、毎年業界の名だたる会社の人達が自社技術の発表をする人気のコースがあります。もともと外国に興味のあった私はわりと若いうちから毎年のように行かせてもらい、そのコースを聴講していました。

 

 

 

ある年私は諸事情で行けず、中途の人と入社4,5年目くらいの後輩が行ってきました。彼らが帰って来てそのコースの話を聞こうと「どうだった?」と尋ねると、

 

 

彼らが発した言葉はこれだけ。

 

 

「なんか(笑)、おばさんが仕切ってました」

 

 

 

確かに毎年その講義を仕切っていたのは女性でした。自身も研究職で、私が学会に参加し始めた頃にそのコースを企画し立ち上げ、毎年恒例のコースにするために奔走してきたその道では有名な方です。その方なくしてこの人気コースは実現しませんでした。

 

 

そもそもうちの業界のR&Dにいてその人を知らないこと自体がモグリ認定だというのに、女性だとおばさんと呼ぶだけで思考停止するのか。というか同業他社の発表内容に関して聞いているのに他に言うことないのかこいつらは?

 

 

かなりびっくりしてしまったと同時に、

 

 

今後自分がここで働き続けたらこういう人たちにやはりおばさんと言われて話も聞いてもらえないのかもしれない

 

 

と、ショックを受けました。

 

 

 

でも少し冷静になれば、きっと日本にはこういう思考の人達が多くいるんだろうな、と容易に想像ができたのも事実です。

 

 

 

そんなことがあって今後どうするかモヤモヤしていたところにシンガポール行きの話が舞い込んできたのです。

 

 

私には断る理由がありませんでした。

 

 

 

 

あれから5年。

 

 

 

 

いやー、海外、居心地がいい

 

 

 

まだまだ帰りたくないね!

 

 

 

と桃井さんも思っているんじゃないかと思うこの頃です。

シンガポールから行く世界三大仏教遺跡への旅 ボロブドゥール編1 ソロ

先日の続き、世界三大仏教への旅行記です。

 

今回はインドネシア・ボロブドゥール編。

 

f:id:kyomonatsu:20130810094003j:plain

  

おおまかな日程

けっこう前のことになってしまいますが、子供が3歳の頃、4連休を利用して行きました。(2013年8月)

 

ボロブドゥールの最寄りの空港はジョグジャカルタですが、フライトスケジュールとにらめっこの結果、古都ソロスラカルタ)から入り、ジョグジャカルタへ抜けることにしました。
 
たてた予定はこちら

1日目

  • チャンギ→ソロ✈️
  • 王宮観光
  • 時間があればスクー寺院
  • ソロ泊

2日目

3日目

4日目

 
 
帰りは朝発のため、実質3日間。移動が多いので荷物は手荷物のみで軽くして行きました。
 
 
 
 

レバラン?

4連休があることに気づき急きょ計画した旅行だったのですが、この4連休はハリラヤ・プアサを含んでいたのです。
 
ハリラヤ・プアサというのはイスラム教の断食明けのお祭りで、日本でいうお正月のような時期にあたります。
 
旅行に行く前に現地の旅行会社に車をチャーターできないか聞いてみたのですが、
 
「その期間はレバランにつきお休みをいただいております」
 
とのことでした。
 
 
早くも波乱の予感…
 
 
 
 
 
 

1日目:ソロ到着

チャンギ→ソロ空港へ。
 
Visa On Arrivalで入国。到着時にビザ取得する人が多く、少し並びました。
 
インドネシアではビザや出国時でもトラブルになることがあるとかで、もらったビザの紙を入念にチェック。
 
 
 

レバランの洗礼

無事入国し、空港を出ようとするが、空港にタクシーがいない
 
 
タクシーカウンターでタクシーを呼んでもらいましたが来るまで30分と言われたのでお茶でもして待つことに。
 
 

ようやく来たタクシーで王宮まで。
 

裏門?

f:id:kyomonatsu:20130808110901j:plain

 

ソロは昔王都が置かれた場所で、今でも王宮には王族の末えいが暮らしているんだとか。
 
 
 
ところが。
 
 
 
中へ入ろうとすると係りの人が来て、今日は王宮は開いてないという。
 
 
そうか・・・レバランだからね。
 
 
 
空港から乗って来たタクシーはとっくに走り去っていました。
 
 
冷たいなぁ…
 
 
 
 
 

仕方なく、王宮正門まで歩いてみることに。
 
 
タクシーでついたのは逆側だったため、けっこう歩きました。

f:id:kyomonatsu:20130808123122j:plain

 
 
疲れたのですぐ近くの小ぎれいな、いかにも観光客用のレストランで昼食をとることに。
f:id:kyomonatsu:20130808151208j:plain
 
 
なかなかいけます。

f:id:kyomonatsu:20130808120926j:plain

 
お子様ランチなかんじ

f:id:kyomonatsu:20130808130115j:plain

 
 
 
のどかだなぁ・・・
 

f:id:kyomonatsu:20130808125305j:plain

 
 
レストランの池にいる魚が気になる子供。じぃーっとみているとお店のおじさんがやって来て餌をあげさせてくれました。

f:id:kyomonatsu:20130808123922j:plain

 
 
レバランじゃあ他の観光地もやってないかもなぁ
 
 
もう街を観光する気も失せたので、車で30分ほどの場所にあるスクー遺跡へ行ってみることにしました。
 
 
 

初めて発したインドネシア語

昼食後レストランでタクシーを呼んでもらい、乗り込む。
 
・・・までは良かったのですが、行き先と値段を交渉するも、英語が全く通じない
 
 
らちがあかずバイクタクシーの溜まり場みたいな所に連れて行かれ、英語ができる人を通して話す。
 
 
曰く、
 
今日はホリデーだから高い
 
 それ倍額じゃねえか
 
「Mahal!!」
 
と叫び、少しまけてもらう。もらった、気がします。
 
 
もう記憶が定かではありませんがはっきり覚えていることは、わたしの初めて発したインドネシア語は「高い!」だったのです。
 
 

道中死ぬかと思う

まあとにかくスクー寺院へ行けることになりました♪これはうれしい
 
 
が、私と夫はこの後タクシーで凍りつくことに。
 
 
 
このドライバー、ほぼまっすぐな道をビュンビュン飛ばす抜かす抜かす。対向車来てる中対向車線にはみ出して抜かしまくる 。
 
 
正面に対向車、左側には3ケツ4ケツのバイク達
 
 
し、死ぬ…
 
 
そしてクラクションうるさい・・・
 
 
 
 
ただ、なんだか道が懐かしいと言うか…シンガポールには無く日本にある何かを感じるのです。
 
 
 
 
そう、田舎の国道みたいな
 
 
 
写真は撮れなかったのですが、犯人は道路わきに大量にあるのぼりではなかろうかと。
 
 
なんだかやけに懐かしかったのを今でも覚えています。懐かし怖い・・・
 

 

 

 

スクー寺院のピラミッド

ヒヤヒヤの田舎の国道を抜け、いつの間にか登り坂に。
 
ところどころお祭りムードできれいなアーチが道にかかっていました(これも写真なし)。
 
 
 
途中通行料を払い、最後はくねくね道を登りスクー寺院へ到着。
 
 
 
おおー
 
 

f:id:kyomonatsu:20130808163926j:plain

これが見たかったピラミッドです。
 
 
仏教ヒンドゥー教イスラム教が伝来したジャワですが、これはなかなか珍しい形の寺院だそうです。階段ピラミッドとか生殖崇拝なところとか、本当に中南米の遺跡に似てるなぁ。不思議!
 
 
 
ピラミッドには上ることができます。子供を抱っこしながらだったので急な階段がけっこう怖かったです。

f:id:kyomonatsu:20130808163110j:plain

 
 
スクー寺院は山際にあり、辺り一帯を見渡すことができました。

f:id:kyomonatsu:20130808164522j:plain

これはなかなかの絶景。
 
 
街から少し距離があり子供の車酔いが心配で、来るかどうか迷っていたのですが、来て良かった!ちなみに道中子供は爆睡でした。
 
 
この奥にさらにもうひとつ寺院がありますが子連れの我が家はここまで。雨もぽつぽつきていました。
 
 
ここからまた同じタクシーで、「事故る・・・死ぬ・・・」と思いながらホテルへ向かいました。
 
 
 
 
 

子供の満喫タイム

早めにホテルに着いたのでホテル内を散策。キッズルームがあったので少し遊ばせ、夕方はプールで遊びました。遠くの遺跡に付き合ってもらったのでサービスタイムです。

f:id:kyomonatsu:20130808154721j:plain

 
 
 
夕食もホテルでとりました。子供はレストランのご飯はいまいち食べませんでしたが、レストランの前で作って配っていたこのソロ名物のお菓子はむしゃむしゃ食べていました。まぁ好きなものを食べていただければいいのですけど・・・

f:id:kyomonatsu:20130808190557j:plain

もちもちパンケーキのような感じ。
 
 
このホテルには外国人だけでなくインドネシア人の旅行者もいました。やはりレバランだからでしょうか。

 
 
ソロの印象は、のどかな町。どこかにあるモスクから礼拝の声が聞こえてきます
 
 
 
 
(本当は1回で終わるはずだったのですが力尽きたので)2日目に続く・・・ 
 
 
 

おまけ : ブンガワン・ソロ

シンガポールでお土産にも使われる有名なお菓子屋さんの名前にもなっていますが、ブンガワンソロというのはこの地を流れる川の名前なんですね。有名な曲の名前でもあるそうです。
 
 ブンガワン・ソロのウェブサイトに成り立ちが載っていました。
 
もともとはインドネシア出身の方が「もぐりで」始めたお菓子屋さんだそうです。免許を持っておらず販売していたため捕まって、その後正式にお店をオープンしたそうです(笑)。その方はソロ出身だったのでしょうか
 
 
 
 

ついにアマゾンがやってくるのか

最近立て続けにAmazonが東南アジアに進出してくるという噂があるというニュースを目にしました。


一つ目はオンラインスーパーRed MartがLazadaに買収されたというニュースの中で。


アマゾンは東南アジア進出の準備をしており、実はアマゾンがRedmartを買収するという話も出ていたとのこと。





二つ目はズバリ、アマゾンがシンガポールにやってくるというニュース。


来年初旬にローンチ、ジュロンイーストに倉庫、100人採用募集中などの具体的な情報があがっていています。


正直初めのニュースで目にした時は噂かよ…と思っていましたが、これはなかなか信ぴょう性が高いのでは…!



来年楽しみでございます

シンガポールから行く世界三大仏教遺跡への旅

私は出不精であまり旅行もしないのですが、遺跡が好きで1年か2年に一度遺跡を目指して旅行をします。

 
 
先日シンガポール在住5年目にしてようやく世界三大仏教遺跡と言われるものを制覇してきましたので、今までしてきた旅のまとめを書こうかと思います。
 
 
 インドネシア:ボロブドゥール

f:id:kyomonatsu:20130810094003j:plain

 
カンボジア:アンコール

f:id:kyomonatsu:20150903192703j:plain

 
ミャンマー:バガン

f:id:kyomonatsu:20161022173654j:plain

 
 
 
 
 とりあえず本日は導入のみ(筆も無精でございます)
 
 
 
 
 

最寄りの空港へ直行便で行ける

シンガポールからは東南アジア諸国の首都だけでなく、地方都市への直行便が出ているので遺跡の最寄りの国際空港へ直行便で行けます。これを利用しない手はない!
 
 
 
私はSilk Airを好んで利用しています。Singapore Airlinesの系列なのでKris Flyerのマイルも少したまったり使えたり。
  
 
 
ただし地方都市へは毎日運行していないのでフライトスケジュールに旅行日程を合わせることになります。
 
 
 
 
 

子連れ旅は意外といける

小さな子供連れだと旅行は大変かなと思いがちですが移動があると寝てくれるので意外とスムーズに行けました。
 
気になる遺跡があっても街から少し距離があり、子供の乗り物酔いが心配で行くのを諦めかけた場所が何箇所かありました。結果的には車で寝てくれたので全て問題なく行けました。
 
 
 
遺跡は子供には退屈かなとも思ったのですが、子供は世界遺産の中でおままごとしたり土いじりしたり、勝手に楽しんでいます。いやその土超汚いっすよ…というところは親がフォロー。
 
 
それから東南アジア諸国ではなんだかみんな小さい子供好き。子連れならではのハプニングもありますがその分出会いもあったり、周りが優しいので旅も楽しくできました。
 
 
まあ、うちは子供一人なので楽という話もありますが・・・
 
 
ちなみに我が家の中で大の遺跡好きなのは私だけで、夫と子供はリゾート好きなようです。妥協点として、遺跡回りはあまり無理せずスケジュールし、ホテルステイが楽しめそうなプール付きのリゾートホテルを選んでいます。とういわけで遺跡へ行くというのに毎回水着を持っていきます。
 
 
 
 
 

情報源

やはり地球の歩き方を買っていますが、情報がけっこう古いこともあるので概要と、レストラン情報や地図を主に利用しました。
 
 
ホテルはAgodaやTrip Advisorなどで値段とレビューをチェックして、だいたいAgodaかホテルのホームページで予約します。
 
 
 
アンコールではTrip Advisorの情報が非常に役にたち、3日間頼んだドライバーもTrip Advisorで見つけました。また湖の上の詐欺の報告が非常に多かったので、湖は敬遠することにしました。
 
 
一方ミャンマーでは個人ドライバーやガイドなどがTrip Advisorを利用しているケースは無いようで、あまり使いませんでした。ミャンマーではFacebookが大人気なようです。
 
 
それからカンボジアミャンマーは欧米人に人気な場所なので英語での検索結果がけっこう役に立ちました。 
 
 
 
 

要ビザ

シンガポール人だとASEAN諸国へは大抵ビザ免除があるのですが、日本人が東南アジア諸国へ行くには滞在ビザが必要です。
 
あらかじめインターネットで取得するか、入国時にVisa On Arrivalを取得することもできます。
 
 
ちなみに我が家は事前にビザを取ったのはミャンマーのみで、インドネシアカンボジアはVisa On Arrivalで入国しました。
 
 
 

米ドルがいるか

Visa On Arrivalでは米ドル払いの場合があります。ふつう他の通貨でも払えますが、レートはよくわかりません。 
 
 
カンボジアでは街中でも米ドル紙幣がけっこう使えました。観光客が行くところは大体ドル払いでした。ただ値段がドルでも現地通貨で払いたければその場で換算してくれます。レートも統一されていました。
 
 
ミャンマーでも同様に米ドルは使えましたが、レートはばらつきがありました。それから米ドルは本当にきれいな新札じゃないと使えませんでした。これがけっこうやっかいで、次回もしまたミャンマーへ行くことがあれば、シンガポールドルから直接現地通貨(チャット)に両替しチャットのみ使うと思います。
 
 
 
 

旅のお供

旅先のトイレは「洗い流すタイプ」でトイレットペーパーがない場合があります。
 
そんな時のために毎回トイレットペーパーを持って行きます。1ロールあれば安心♪
 
 
 
f:id:kyomonatsu:20161103083301j:plain
 
写真は毎回持って行くトイレットペーパー入れで、もともと犬用に買ったのですが、旅行グッズになりました。
 
 
 
※トイレットペーパーは流せない場合がほとんどです。流さずゴミ箱に捨てるのを忘れずに…
 
 
 
 
 
 
次回ボロブドゥール編へつづく・・・

 

デング熱マインド

扁桃腺が腫れ38度の熱が出たので医者へ行きました。

 

シンガポールではまずGPと呼ばれる一般医(いわゆる町医者)にかかるのが普通です。我が家も現在は会社の健康保険に入っているためGPを使っています。

 

 

 

扁桃腺が腫れたら高熱が出るのはわりと普通と思っていたのですが、そのGPが発したのは

 

デング熱かもしれない」

 

理由は、咳や鼻水の症状が出ていないから診断するにはまだ早いとか。

 

えー扁桃炎じゃないのぉ?と思いつつ、私は医者ではないのでおとなしく話を聞くことにしました。

 

で、出してくれた薬がPARACETAMOL(シンガポールで超メジャーな解熱剤)と、のど飴。

 

あとは

「休め。あと水たくさん飲め」

 

やっぱり抗生物質くれなかった・・・


日本なら

「とりあえず抗生物質出しておきましょうね。あと解熱剤と胃薬も」

ってなるのにー!

 




仕方ないので家に帰り、二日間高熱にされるがままに。筋肉がだるい…





二日後の朝医者へ行き、症状は良くなったかと聞かれたので

「変わらないんだけど(当たり前だろ)」

と伝えると神妙な顔付きになるGP


「いよいよデング熱かもしれない」

 

家やオフィスの場所を聞かれ、採血されてしまいました。結果は夕方出るとのこと。


そしてまたParacetamolをくれました。抗生物質くれよ…




帰宅後、耳が遠くなるような違和感を感じるようになりました。身体もだいぶつらい。

うーん、このままではいよいよやばい…。今から他のGP行く?とも考えましたが夕方には血液検査の結果が出るというし、さすがに高熱が長引いているので解熱剤を飲んで休むことに。



デング熱の症状として有名なのは体の痛み、目の裏の痛み、頭痛などですがこれらは全て高熱が出たら出て来る症状で、この頃になると全てに苦しめられているわけです。


ちょっと弱気になってきた。まさかほんとにデング熱…?





そしてその午後医者から電話がありました。


「まだデンギーの検査結果は出てないけど。血液検査の結果、抗生物質が必要だとわかった。取りに来る?」




こんのヤブがああああ!!



と内心全力で思いつつニコニコ薬をもらって帰ってきました。


気づいたら顎下のリンパ節パンパンでした。



そんなわけで4日もSick Leaveを取る羽目になってしまいました。まあ最終日はだいぶ楽に過ごせてプチ休日みたいにできたし、Sick Leave使い切ることは決してないからいいけど。


もうあのGPには行くまい